口コミで話題のキャットシッターおすすめランキング

> キャットシッターのデメリット

キャットシッターのデメリット

キャットシッターにするか猫が泊まれるペットホテルにするか迷う方も多いと思います。キャットシッターのメリット、デメリットを見て、メリットの比重がデメリットより大きいかどうかは、それぞれの家の事情や猫の性格にもよります。ですから、そういうことを考慮してキャットシッターを頼むかどうかの目安にすると良いでしょう。

デメリット1. 他人が家の中に入る

キャットシッターを依頼しているとはいえ、留守中に他人が家に入るのはやはり心配です。入って欲しくない部屋や、見られたくないものなどがあったり、盗難などを心配する人もいるようです。また、自宅の鍵のコピーを他人が持つということに抵抗のある人も多いです。ですから、できるだけ信頼できる人、信頼できる組織に所属している人に頼むことが大事です。

デメリット2. 猫は1日の大半を一人で過ごしている

猫が家に20時間以上一人で過ごしてしまうことになります。その間、何か事故が起きたらと思うとやはり心配です。特に病気を持っている猫の場合、キャットシッターが帰ってしまった後に何かが起きたら、次のステイまで誰も世話をしてもらえません。
メリット、デメリットをよく理解してキャットシッターを選びましょう。