口コミで話題のキャットシッターおすすめランキング

> キャットシッターのメリット

キャットシッターのメリット

キャットシッターにするか猫が泊まれるペットホテルにするか迷う方も多いと思います。キャットシッターのメリット、デメリットを見て、メリットの比重がデメリットより大きいかどうかは、それぞれの家の事情や猫の性格にもよります。ですから、そういうことを考慮してキャットシッターを頼むかどうかの目安にすると良いでしょう。

メリット1. 猫の生活環境が変わらない

猫ちゃんが住み慣れた自分の家にいますから、いつもと同じように過ごせます。ペットホテルですと、猫は自分のいる状況が理解できず、自分の家に戻れないのではないかと不安になる場合もあります。そのために食欲が落ちたり、ストレスで下痢になったりします。神経質な猫の場合は特にこの点が大事になります。

メリット2. 他の動物からの感染の心配がない

他のペットとの接触が全くないので、病原菌に感染する可能性がありません。もちろん、キャットシッターさんが前のペットの世話の後、きちんと手を洗うことが前提ですが、ちゃんとしたキャットシッターさんはその点は大丈夫です。

メリット3. 準備が簡単

ペットホテルに連れて行くとなるとある程度準備しなくてはなりません。例えば、いつもと違う砂だとおしっこをしない子もいます。その場合、トイレと砂を丸ごと持っていかなくてはなりません。
また、ベッドやおもちゃなど猫ちゃんの生活に必要なものを全て準備しなければなりません。急に出かけなくてはならない時は特に大きなメリットになるでしょう。

メリット4. 留守が長い場合、外からわかりにくいので安全性が高まる

留守が長いと郵便受けの手紙やチラシなどが溜まって、外から留守だというのが一目でわかります。空き巣などのターゲットになる可能性が高まります。しかし、キャットシッターが通っていると、郵便物を取り除いてもらえたり、電気がついたりして留守であることがわかりにくいので防犯にもなります。

メリット5. 予算に合わせて対応をお願いできる

ペットホテルの場合は1週間なら1週間の間、猫を預けっぱなしにしますから、料金は一定です。しかし、キャットシッターの場合、必要に応じて、世話代行の回数を調節できます。そのため、予算内でやりくりができます。