口コミで話題のキャットシッターおすすめランキング

> キャットシッターに世話代行依頼する際のセキュリティ対策

キャットシッターに世話代行依頼する際のセキュリティ対策

自分が留守のときに、他人が自宅に入ることに躊躇する人は多いようです。鍵を預けることで、その後のことも不安ですよね。プライバシーやセキュリティーについてペットシッター会社がどのように考えているか、また、自分自身でもプライバシーやセキュリティーを確実なものにするためにできることはあるか見ていきましょう。

セキュリティー対策シールのある会社を選ぼう

シッター会社によっては、一度剥がれると模様が浮き出たり、変色したりする特別なセキュリティーシールを無料提供しています

開けられたくないドアや物置、引き出し等に貼り付けておきます。もし、ドアを開けたり、開けようとしたりすれば色が変わるため依頼以外のことがされていないか判別できます。

セキュリティーシールのフチにサインを入れておけば、新たなシールを貼るということはありません。もちろん、サインを入れなくても、入る必要のない部屋やタンスの引き出し等に触るようなことはまずありませんのでご安心ください。